DCCディープチェンジクレアチンにはクレアチン、HMB、BCAAなど筋肉に作用する成分、脂肪燃焼効果がある成分、体の機能を上げる成分などが入っています。

 

中でも体を鍛えている人たちが注目する成分というのがクレアチン、HMB、BCAAでしょう。

 

今回は、これら3つの成分を詳しく見ていきたいと思います。

 

皆さんが感じている疑問を解決する手助けになれば幸いです。

 

☆DCCディープチェンジクレアチンで筋力がアップする理由は?

DCCディープチェンジクレアチンには、主成分のクレアチンを始め筋肉に作用する成分であるHMB、BCAAなども入っています。

 

簡単に説明すると、クレアチンというのはアミノ酸の一種で、筋肉のエネルギー源になるものです。

 

それから、HMBというのは2010年に日本で発売の許可が下りたばかりの成分です。

 

トレーニング後の回復力を高める効果があります。BCAAは必須アミノ酸のことで、筋肉のエネルギー源です。これらの成分が働きかけ、筋力アップ効果が期待できます。

 

☆クレアチンって何?

アスリートの8割が飲んでいるクレアチンは、プロテインに続く注目の成分です。クレアチンというのは、牛肉など食べ物にも含まれている成分です。

 

体内に入るとクレアチンリン酸に変わり、エネルギー源となり瞬発力が必要な運動に優れた効果を発揮します。

 

また、筋肉内の水分量を増やす効果もありそれによって筋肉量を増やす効果も期待できます。

 

☆クレアチンとプロテインとはどう違う?

「筋肉といえばコレ!」というぐらい有名なのがプロテインですよね。「プロテインとクレアチンはどう違うんだろう?」と思っている人もいるのではないでしょうか?

 

プロテインというのは、タンパク質を粉末にしたものです。

 

筋肉や骨、血管など人間の体作りに欠かせない成分ですよね。

 

でもタンパク質なら食事から摂ればいいのではないかと思いますよね。

 

しかし、運動をする人は普通の人と比べてタンパク質の量が2倍必要だと言われています。

 

だからプロテインで栄養を補うのです。すなわちプロテインというのは筋肉に必要な栄養を補うためのものという役割が多いのです。

 

一方、クレアチンは筋肉を素早く動かし、疲労から回復させる為のいわばガソリンのような役割を持っています。これが両者の違いです。

 

☆クレアチンとクレアチニンの違いは?

 

クレアチンとクレアチニンという言葉は、とても似ていますよね。

 

どう違うんだろうと思っている人もいるでしょう。

 

クレアチニンというのは、クレアチンから出る老廃物のことです。

 

クレアチニンが体外に排出されないとクレアチニン濃度が上がります。

 

病院の尿検査で「クレアチニン濃度が高いです」と言われたら腎機能に問題がある場合があります。

 

血中のクレアチニン濃度は、クレアチンを摂取してすぐは高くなる傾向があります。

 

☆クレアチンで沢山水分を摂らないといけない理由とは?

 

クレアチンは、細胞内に水分を引き込むという性質があります。

 

だから、水分を十分に摂取していないと細胞外の水分が不足してしまい脱水症状や足がつる、肉離れなどを引き起こす可能性があります。

 

だから、クレアチンを飲むときには沢山水分を摂らないといけないのです。

 

☆クレアチンで太るというのはなぜ?

クレアチンを飲み始めてから間もない人の中に「クレアチンを飲んでから太った」という人がいます。

 

クレアチンは、水分を引き込む性質があるので水分量が増えることで体重が重くなるというのがその理由です。

 

実際に太っているわけではありませんが、単純に体重を落としたいという人には不向きだと言えるでしょう。

 

☆HMBって何?何の略なの?

HMBというのはβヒドロキシβメチルブチレートという化学用語の略です。

 

アミノ酸の一種であるロイシンから生成される成分で、プロテインにもHMBを含まれていますが、直接摂取した方が量も多く効果的です。

 

1日に3gを摂取するのが目安量と言われています。海外では医療分野で治療の補助的に使われている成分です。

 

☆HMBにはどんな効果があるの?

HMBは、トレーニングの初心者に特に有効な成分だと言われていて、筋力アップや筋肉増大の効果が期待できます。

 

HMBを摂取した被験者は筋肉量が増え、体脂肪率は減少したという研究結果もが出ています。

 

☆BCAAって何?何の略なの?

BCAAとは必須アミノ酸であるバリン、ロイシン、イソロシンの頭文字をとったものを言います。

 

必須アミノ酸というのは体内で合成できないアミノ酸のことです。

 

BCAAは筋肉内で分解、代謝されるという性質があるのが他のアミノ酸類との大きな違いです。

 

☆BCAAにはどんな効果があるの?

BCAAには、疲労回復、ダイエット、美容などの効果があるとされていますが

筋肉トレーニングの効果を高める働きがあると言われています。

 

運動のエネルギー源になるというだけでなく、持久力を高める効果、運動をした後の疲労を軽減する効果があるので摂取しておくと運動中も運動後も筋肉トレーニングの効果が高まります。

 

☆BCAAとEAAの違いとは?

BCAAと同様、よく聞くのがEAAという言葉です。

 

EAAとBCAAはどう違うのかを解説します。EAAというのは、Essential Amino Acidsの略で、これはどういう意味かというと必須アミノ酸という意味です。

 

必須アミノ酸というのはBCAA(バリン、ロイシン、イソロシン)を含む体内で生成できないアミノ酸のことです。

 

EAAは、BCAAの他にもリジン、メチオニン、トリプトファン、フェニルアラニン、トレオニン、ヒスチジンなどがあります。

 

したがって、EAAという必須アミノ酸という大きな枠の中にBCAAも含まれているというイメージですね。

 

EAAには筋肉の分解を抑制する効果や、筋肉の生成を高める働きがあると言われています。

 

このように、EAAはすべての必須アミノ酸をバランス良く含んでいるのが特徴でBCAAはその中でも消化吸収に優れたバリン、ロイシン、イソロシンのみに特化した成分であるのが両者の違いです。

 

☆BCAAが不足すると筋肉が落ちてしまうって本当?

 

BCAAが不足してしまうと、筋肉が落ちてしまうという話を聞いたことがありませんか?

 

実はこれは本当で、BCAAというのは筋肉量が減るのを防ぐ効果があるんです。

 

だから、激しいトレーニングなどをしているのにBCAAが不足していると、その分エネルギーになるものがなくなるので体内にあるタンパク質を使ってしまうんです。

 

そうなると筋肉も分解されてしまい、筋肉が落ちてしまうというわけです。体に栄養素が足りていない時、脂肪よりも先に減っていくものが筋肉です。

 

筋肉を減らさないようにするには、BCAAを摂取することが大事です。

 

断食などを行うと、特に筋肉量が減りやすくなるので注意しましょう。

 

まとめ

今回はDCCディープチェンジクレアチンの主成分である、クレアチン、HMB、BCAAという3つの筋肉に効果がある成分に目をつけてそれぞれの効果や、その他の成分との違いや、よく聞く疑問に答えていきました。

 

その中でわかったのは、クレアチンは近年注目の成分で瞬発力を高め、水分を細胞内に引き込む働きがあるということです。

 

それからHMBは、ロイシンから生成される成分でプロテインにもわずかに含まれる成分で海外では医療現場でも使われている成分だということがわかりました。

 

BCAAというのは、必須アミノ酸EAAの中でも消化吸収に優れ筋肉に特に優れた効果があるという成分で、バリン、ロイシン、イソロシンの総称を言います。

 

これらの成分には、筋力トレーニングや運動の効率を高め、筋肉増大や筋力アップの効果を引き上げてくれる働きがあります。

 

だからDCCディープチェンジクレアチンは、ボディメイキングに効果がありアスリートにも選ばれるサプリメントなのです。